10代のツイート

辛くて死にたかった10代の僕がやったこと

こんにちは、つかちんです。

僕には10代のころ仲間と上手くいかずとても苦しい日々がありました。辛くて逃げだしたいと考えていましたが、なんとか乗り越えてこれました。

同じような思いをしている人達に少しでも勇気や元気を上げられればと思い記事を書いてます。

10代で死にたかった時

毎日自分が知らない世界のどこかで、「死にたい」とか「目の前の人生から逃げ出したい」と思っている10代や20代の人は少なくないです。

実際に僕にも10代の時には「死にたい毎日」がありました。

僕を気に入らないのか何なのか分かりませんでしたが、一人の同級生は学校で僕を見つけるなり暴力的なことを毎回してきました。

近づいてきてパンチを浴びせたり、壁に追いやって連打連打のパンチやキック…

まるでボクシングでコーナーに追い詰められている4回戦ボーイのようだった。

本当に辛くて学校の3階の窓から飛び降りようと考えていた…死ねばこの辛さから逃げられるのかな…死ぬ勇気もないくせにそんな事を考えてばかりいた毎日でした。

僕は一人じゃない家族がいると考えた

学校や職場で辛い日々を送っている10代や20代の人にこれだけは伝えたい!!

あなたは決して一人じゃないよ

確かに辛い、辛いよね。痛いほど気持ちが分かるからこそ、これを読んでくれているあなたに伝えたいことがある。

家族はいつでもあなたの味方で助けてくれる人

ってことを忘れないで欲しい。

今考えると、あの時の僕も家族のやさしさに助けられていたんだなあーって思う。家に帰れば温かく楽しくみんなが話しかけてくれた。辛いことを忘れさせてくれた。

一人で悩んで悩んで暗い道を歩かないでほしい。

この世界がすべてじゃないと考えた

今いる世界がすべてじゃない、世界は本当に広くて楽しいことがたくさん待っているところだから、本当に辛いときは無理をしないでそこから逃げましょう!

戦い続けることや耐えることが正しいとは限らない、自分を守るためには違う道を選択する勇気を持つことが大切です。

違う道からまた歩き始めればいいじゃん。俺は逃げることを考えられなかったけど、学校が自分の世界のすべてじゃないという考えを持ってからは少し気持ちを楽に持てました。

勇気を出して行動をした

正解の生き方なんてないから、自分らしく生きることが出来る道を見つけて新しい世界で楽しみましょう!

だってあなたの人生を邪魔してくる人間がいる場所は息苦しいだけだし、邪魔なだけだからあなたがいる場所はそこじゃないから!

必ずあなたらしく輝ける道はある

そのためには行動を起こさなくちゃいけないけど、辛い日々のことを考えれば思い切り一歩を踏み出す勇気はあるはずだから大丈夫です。

10代や20代で「死にたい」とか「人生から逃げたい」って思う時があるならば、家族や仲間がいることを忘れないでほしいです。そして自分の道を見つけるために一歩を踏みだしてみて下さい。

ブルーハーツの「終わらない歌」を聞いて明日には笑えるように生きましょう。生きていればその先があります!

おわり、気を付け、礼!

RELATED POST