珈琲/コーヒー

これからハンドドリップを始める人が最低限準備する器具|

こんにちは、つかちんです。

「淹れたてのおいしいコーヒーが家でも飲みたい」「いつもはお店でコーヒーを買うけど家で淹れられたら楽しそう」と思ってこれから家でコーヒーを淹れようと考えているならば、初心者でも始めやすいハンドドリップがお勧めです。

まずはハンドドリップを始める前に、最低限の器具を準備しなくてはいけません。

  • 今回はハンドドリップで淹れたいけど、どんな器具を買えばいいのか分からない、迷っている、そんな方に最低限準備する器具をご紹介します。

ハンドドリップに最低限準備する器具

ハンドドリップは初心者でも気軽においしいコーヒーを飲むための抽出方法になります。

淹れ方がなれてくると抽出時間や豆の煎り方でコーヒーの味をコントロール出来るようになるのもハンドドリップの大きな魅力でしょう。

そのために最低限準備する器具をご紹介します。

  • コーヒーケトル
  • フィルター
  • コーヒードリッパー
  • コーヒーサーバー
  • コーヒーミル

最低限この器具を準備すれば、ハンドドリップコーヒーを家で楽しむことが出来ます。

コーヒーミルがどうしてもなければ、お店で粉になっているものを買いましょう。

コーヒーケトル|注ぎ口が細いものを選ぼう

f:id:bakappi:20210228101850j:plain

コーヒーケトルはドリッパーに入っている粉を通して抽出するために必要な器具です。

出来るだけ注ぎ口が細いものを選びましょう

湯量をコントロールしていれるのもハンドドリップの楽しいところなので、出来るだけ注ぎ口が細いほうが、初心者でもコントールしやすいです。

ペーパーフィルター|ドリッパーに合ったものを選ぼう

f:id:bakappi:20210228101918j:plain

ペーパーフィルターはコーヒー粉の成分をサーバーに濾すために必要な器具です。

フィルターにいくつか種類はありますが、簡単にコーヒーが淹れられてコスパもいいペーパーフィルターを使用するのが初心者にはお勧めです。

ドリッパーに合ったものを選びましょう

ペーパーフィルターには台形型と円錐型がありますので、準備したドリッパーに合わせて買うのがいいでしょう。

また、ペーパー(紙)で出来ているので使用後の後片付けも簡単です。

コーヒードリッパー|安定の台形型を選ぼう

f:id:bakappi:20210228101855j:plain

ドリッパーはコーヒーを抽出するための器具でペーパーをセットするのに必要な器具

です。

まず最初は、初心者でも安定した味を淹れられる台形型を選びましょう

ドリッパーは台形型と円錐型の2つの種類があります。

台形型には1穴タイプと3穴タイプがあり、1穴タイプより3穴タイプは濾したコーヒーが早く落ちるので、味が薄く感じることがあります。

コーヒーサーバー|自分の好みのサーバーを選ぼう

f:id:bakappi:20210228101901j:plain

サーバーは抽出したコーヒーを受けるために必要な器具です。

ガラス製やステンレス製さらに陶器もあります。

自分好みのサーバーを選んで楽しみましょう

必要な人数分によって大きさを選ぶ必要がありますが、小さすぎず大きすぎなければどんなサーバーでも問題はないでしょう。

コーヒーミル|2人分以上挽ける大きさを選ぼう

f:id:bakappi:20210228101911j:plain

ここでは手動のミルについて書いています。

ミルは焙煎後のコーヒー豆を粉にするために必要な器具です。

2人分以上挽ける大きさを選びましょう

1人分のミルでもいいのですが、万が一友達や家族に淹れてあげる状況になった場合、1人分のミルだと人数分挽くことになります。

そうすると、時間と労力をかなり使うので人によってはコーヒーを淹れるのが嫌になってしまうかもしれません。

持っていたらコーヒータイムがもっと楽しくなる器具

最低限準備する器具が揃ってハンドドリップでおいしいコーヒーが飲めるようになったら、コーヒータイムをもっと楽しくする器具も揃えたいですよね。

湯温計(サーモメーター)

f:id:bakappi:20210228101833j:plain

お湯の温度を測るのに必要な器具です。

コーヒーはお湯の温度で微妙に味が変化します

常に安定した味を飲むためにはお湯の温度もしっかり管理して、ハンドドリップを楽しみましょう。

85度~95度くらいの温度が抽出にはいいでしょう。

抽出している間もケトルの温度は下がっていくので注意が必要です。

ドリップスケール

f:id:bakappi:20210228101833j:plain

抽出時間と抽出量を測ってくれるのに必要な器具です。

私のは量しか測れませんが、両方測れるタイプが購入にはお勧めです。

ハンドドリップはコーヒー豆の量(グラム)に対して、湯量(リットル)が適量でないと味に影響が出ます。

1人分、2人分、3人分それぞれの豆の量があるならば、それに対しての湯量もありますので、ドリップスケールがあれば抽出をしながら湯量が測れるのであると安心して抽出に集中できます。

まとめ

メーカーがたくさんの器具を出しているので、最初に購入するときにかなり迷ってしまうかもしれません。

最初は拘り過ぎずに、お店で手に取って気に入ったものを購入して使ってみる方がハンドドリップを知るには一番いいでしょう。

まずはどれでもいいから使ってみる

使ってみると器具の特徴などが分かってきて、「じゃあ、次はあれを買ってみよう」ってなりますので、それから自分の拘りの器具を買い揃えていくのがいいでしょう。

ハンドドリップで楽しいコーヒーライフをお過ごしください。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

では、今日はここまで。

RELATED POST