カメラ/写真

携帯カメラで子供を可愛く撮るおすすめポイント3つ

こんにちは、つかちんです。

スマートフォンのカメラで可愛い我が子の姿をいつでも撮りたいですよね。でも「どうしても上手に撮れない」「イメージと違う」って思う写真っ結構ありませんか。

でも、ちょっとしたポイントを知る事でいつもの写真が少しでも良くなったら「また撮りたい」ってなると思います。この記事では、子供を可愛く撮る3つのポイントを教えます。

1.子供の目線に合わせて撮る

多くの人が自分が撮りやすい高さで子供を撮ってしまっています。等身大の子供よりずっと頭でっかちで可愛くない写真が撮れてしまいます。

出来る限り可愛い子供を撮るならば、子供の目線に合わせてカメラを構えて撮りましょう。

携帯のカメラは広角レンズが使用されている為、遠近感がはっきりと出てしまいます。特に被写体に対して斜めで写真を撮った時には、それがはっきりと出てしまいますので、子供を斜め上から撮ると頭や顔が大きく撮れてしまい可愛いく撮ることが出来ません。

子供はどうしても大人より低い位置にいるので、腰を下ろして写真を撮るのは大変かもしれませんが、子供の可愛い姿を撮るためには面倒臭がらずカメラを子供の目線に合わせて撮るのがポイントになります。

2.自然光の明るい場所で撮る

出来るだけ自然光が入る明るい場所で撮るといいでしょう。周りの景色も明るいので自然と子供の表情もより明るくなります。

そもそも携帯カメラは光をキャッチするのが苦手です。その為薄暗い曇りの日や雨の日、または部屋の中などでは人間が感じている光の量より少なく感じて写ってきます。

天気が悪い日の休みに家族で出掛けて写真を撮ってみたら、思っていた明るさより暗く写ってることありませんか。今はカメラ編集で直ぐに明るさ調整などが出来るの為、ある程度は明るい写真に出来ますがやり過ぎるて不自然な色彩になってしまったなんて経験あると思います。

そうならない為にもなるべく自然光の量は欲しいので、出来る限り明るい場所で撮ることがポイントになります。

3.自然な表情を見逃さないで撮る

自然体の姿こそ、我が子の可愛いさが数倍も増すチャンスです。その一瞬の表情を見逃さないで撮りましょう。

「〇〇ちゃん(くん)こっち向いて」「はい、写真撮るよ~」という掛け声は基本おすすめはしません。なぜなら、無理やり笑顔を作ったり逆に硬い表情になってしまうからです。逆に記念写真や記録写真を撮るのであれば掛け声は必要になってきます。

子供はいつも自然な表情で遊んでいたり、何かに夢中になっていることが多く、じっと止まっていることが少ないです。

「よし、写真を撮るぞ」と思ったらカメラで子供の表情を追いながら、一番良い表情の時に迷わずシャッターを切りましょう!写真には撮る人の魂が宿りますので「子供を可愛く撮りたい」という思いが50%以上は写り込みます。

いつでも可愛い表情が撮れるように準備をしておくことが大事ですし、一瞬を見逃さない気持ちを持って撮るのがポイントになります。

4.今後知っておくべき可愛く撮るポイント

上の3つのポイントは最低限押さえておきたいポイントになります。ただ「もっと上手に可愛く撮りたい」「仲の良い家族の子供の写真も撮ってあげたい」そんな事を考えている方に、追加でポイントをお伝えしておきます。

  1. バランスの良い構図
  2. ピントを合わせる
  3. 連写機能を上手に使う
  4. 記録写真も残しておく

携帯カメラで子供を撮るのに慣れてきたら、さらにポイントを抑えながら上手で素敵な写真をどんどん残していきましょう。

まとめ

携帯カメラで子供を可愛いく上手に撮るポイントのまとめです。

  • 子供の目線に合わせて撮る
  • 自然光の明るい場所で撮る
  • 自然な表情を見逃さないで撮る

さらに追加ポイント

  • バランスの良い構図
  • ピントを合わせる
  • 連写機能を上手に使う
  • 記録写真も残す

写真は自分で撮り続けることも上手になるポイントですので、上手く撮れなくなくても、まずは撮ってみましょう。

撮ることでしかどんな風に写ってくるのかが分かりません。(デジタルって便利ですよね~)

写真は楽しいので素敵なカメラライフを楽しみましょう!

では、おわりっ 気を付け、礼!!

RELATED POST