ブログ本

【書評】ホリエモン「スマホ人生戦略」の感想|全てはスマホが解決する

IT革命時代を走りつづけてきたホリエモンは、何をするのにも話題となっています。これだけ話題性のある人なので良い意味でも悪い意味でも世の中にかなりの影響力があります。

そんなホリエモンの著書「スマホ人生戦略」を読んだ感想を書いていきます。

このブログを読むと分かること

ホリエモンのスマホに対する考え方

スマホで全て解決できる

自分がどれだけスマホを無駄に使っていたのか

インプットとアウトプットは全てスマホでできる

ホリエモンってどんな人なの?

70年代~90年代に青春時代を過ごしてきた人たちにとって、ホリエモンの存在を知らない人は殆どいないでしょう。

もしかしたら2000年代に入ってから生また人は現在は知っていても、ライブドアの代表をだったことを知る人は少ないかもしれない。

本名は「堀江貴文」。「ホリエモン」の愛称で親しまれている。

現在も実業家として活躍しながら多くの著書を出版している。さらに最近ではYouTubeチャンネルを持ち動画配信までもおこなっている。

東京大学在学時にはインターネット事業会社オン・ザ・エッヂを設立。売上高2億5000万円で東証マザーズに上場[7]。後に社名をライブドアに変更し、会社を時価総額8000億円、売上高784億円企業に成長させ、「時代の寵児」と目される。メディライブドアは証券取引法違反によりアにも多く取り上げられ日本でも有数な著名起業家となっていく。

多種多様な事業展開をしていきプロ野球球団買収、テレビ局グループ買収に乗り出す。国政選挙にも挑戦。ライブドア時代には証券取引法違反により逮捕。

2020年1月には、「TOKYO2020 FC」及びその運営法人の「株式会社東京フットボールクラブ」を設立、東京都社会人サッカーリーグ4部に参戦する。また、堀江自身も選手登録している。背番号は「11」。

2021年2月24日、ベースボール・チャレンジ・リーグ(ルートインBCリーグ)の埼玉武蔵ヒートベアーズアドバイザーに就任。球団側は球場への集客策の創出などを堀江に期待するとしている。

ここ数年は宇宙事業に力を入れている。

一部Wikipedia引用

とにかく色々なことにチャレンジするのがホリエモンってイメージですね。最近の活動はロケット事業の話題が多いので、2000年代の人たちはロケット事業の人と思っているかもしれません。

全てはスマホが解決する

では、本題へ戻りましょう!

この本の主張は、これからの時代はスマホがあれば殆どのことが解決する!と主張をしている。いや、これからじゃない、そう既に今の時代はスマホが1台あれば解決する!と言っているのです。

仕事も遊びも時間も食事もみんながいつも生活していることはスマホがあれば大丈夫だと。スマホは人生を変えるための「武器」だから、最新のスマホを持て!とまで断言をしている。

「いや堀江さん、さすがにそれは言いすぎじゃないですか」と言いたくなるくらいこの本では、スマホを使い倒せ!スマホで生き残れ!と強く主張しているのが特徴的だ。

そりゃそうだ、タイトルが「スマホ人生戦略」なんだから・・・

インターネットの本質をつかみ、スマホというツールがどのようにインターネットに対応しているのかを知れば、その使い方も自ずと明らかになる。

本書より抜き出し

ホリエモンはIT革命時代を走り続けていた人だ。インターネットとスマホの価値を掛け合わせれば、何でもできることを知っているだろう!

印象に残った“言葉”の紹介

スマホを持っている僕たちは毎日スマホを📱いじっています。まさに、この現代を生きる僕たちほどスマホを使い倒せる世代はいないでしょうね。

この本で訴えている言葉は実に現実的です。「なぜ僕はスマホを持っていながらやっていないんだ!?」と思わされる言葉がいくつもあったので紹介していきます。

この言葉を見て何かを感じ、スマホを使い倒して今後の人生をポジティブに変えて欲しいです。

【スマホ人生戦略ワード1】もう、パソコンなんていらない

まぁ、これがこの本の全てを語っているんですが、PCが要らないっていうのを100/100を素直に受け入れるのではなくて、PCっていう持ち運びも場所も、ある程度の規制がある不便なモノを使っていたことが、スマホで出来ちゃうよって話です。

ホリエモンは、とくにiphoneの存在がスマホの中心だと伝えています。

iphoneの進化とともにスマホの影響力は急速に拡大し、結果としてスマホを人類の新たな文明の利器にまで押し上げたと僕は思っている。

僕はスマホを10年くらい前から持ち始めましたが、そのころには既にスマホを使いこなしている人たちが周りにいました。そう僕は既にスタートから遅れていた人間だったのです。

だから今、必死にスマホを使い新たな人生をスタートさせています。

【スマホ人生戦略ワード2】スマホなら、好きな時間に、好きな場所で、やりたいことができる!

これも衝撃な言葉でした。スマホ1つで好きな時間に、好きな場所で、やりたいことができる。これって意外とみなさんはやっていると思います。

LINEで連絡をしたり、漫画を読んだり、ゲームをやったり、ネットショッピングや地元の話題のお店を調べたりと・・・どうでしょうか。スマホで人生変わったと思いませんか?

特に今の50代や60代の世代の人達に「こんな世の中がくるなんて~」って感じませんか。70年代~80年代の猛烈に熱かったあの時代にスマホがあればどれだけ金儲けが出来たでしょうか(ちょっと汚い話でした💦)

ネットができない、あのバカでかい携帯って何だったんでしょうか 草

好きな時間に、好きな場所で、やりたいことができる!これが現代のスマホですよ! ホッホッホッ~

【スマホ人生戦略ワード3】最新のスマホを買えない人は、いい仕事ができない

はい、これまさに僕のことです・・・だって今だにiphone6ですから。この言葉をみて決めましたね!三か月以内に最新のiphoneを買うぞって。

「最新のスマホ=仕事ができる人」それがそうなら、みんな最新スマホ持つよ!って思った人いませんか。いや、そうじゃなくて逆なんです。

僕みたいに5世代も6世代も古い携帯持っている奴が、まず条件としていい仕事ができるのか!?ってことです。いい仕事ができる可能性として、ツールとして、それを持っているのか。

だってやっぱり僕の携帯は処理速度が断然に遅いんです。さらに写真などの情報で容量は結構パンパンになりつつあります。icloudなど上手く使えばいいのでしょうが、それに繋ぐまでが遅い・・・古いってそういうことです。

最新モデルを持つ、ということはセルフブランディングにもつながる。「この人はいつも最新のツールを使っている」と認知されることは、ビジネスではプラスのアピールになる。集まる情報や、人間関係のレベルもあがるだろう。

あなたは、いまだにiPhone5を使っているような投資レコーダーやコンサルタントのアドバイスを、信用できるだろうか?

まだ最新モデルのスマホを手にしていない方は、ぜひ最新スマホを検討してみてください!僕も三か月以内に最新にすることを決めています!

【スマホ人生戦略ワード4】ハマっている「遊び」は、スマホでカネにしろ!

えっ!遊びでカネにする?どういうこと?最初は単純にそう思いましたね。

要するに、好きなことをとことん極めて、それをスマホでビジネスにしていこう!ということなんです。だから今まで「遊び」でやっているハマってたことでカネにしていきましょう。

それが出来たら人生最高だと思いませんか。「遊び」の気持ちでやれることがビジネスになる可能性があるならば、それは直ぐにでも行動に移さないと損をしますよ。

遊びを仕事につなげるためには、豊富な知識とアイデアが必要になる。それを得るには、まず情報のシャワーを浴びるべきだ、と僕は何度も言っている。

情報のシャワー・・・かっこいいですね。仕事できる人っていうイメージがガンガン入ってきます。

びしょびしょになるくらいにシャワー浴びましょう‼️

【スマホ人生戦略ワード5】「掛け合わせ」の発想がないヤツに、スマホでカネは稼げない

これまで自分がインプットしてきた知識や経験活かして、既存のの価値と掛け合わせるという事です!

要はオリジナルの価値を生み出せということですね。

スマホで漫然と情報を眺めているのだけでは、時間の無駄だ。既存の価値を蓄積しながら、自分オリジナルの価値を掛け合わせる"実験思考"を続けていこう。

誰にもマネされないモノを作る事で、商品化してカネを稼げるってことです。

【スマホ人生戦略ワード6】ビジネスの経験値を上げたければ、スマホ片手に街に出ろ!

街に出る事でインプットができる。

アクティブに行動することで人生経験値を上げられる。経験値が上がれば周りからも注目されて、誰かと一緒にビジネスを起こすチャンスも生まれるということです。

ビジネスで成功する人間は、ありふれた資格や技能などよりも、その人間のスピードの速さと行動力を評価するのである。

わかってはいるけど、実際に行動ができる人は少ないかもしれない。だからこそ、行動することに価値が出るんじゃないかな〜。(人のこと言えんけど…)

でも僕は行動するよ!ブロガー達が集まる場所に顔を出す。

あっ、実績作ってからね、それなっ!

【スマホ人生戦略ワード7】3つの設定で英語を学べ!

日本語は世界の中では「マイナー語」だという。世界の情報はまず、英語で流れ出します。日本語しか分からない人は、それだけで最新の情報のシャワーを浴びることができない。

だから英語に触れる環境を作りましょう!

1.スマホの言語を英語に設定

2.動画配信サービスを視聴

3.好みのテーマの「TED」の視聴

元Google日本法人会長の村上憲郎さんは、本気で英語を学び始めたのは31歳からだ。1日3時間を3年間、みっちり独学し続けたという。

幸い、村上さんの時代と違って僕らにはスマホがあります。

場所、時間に縛られない学習方法があるので、グローバルな人材を目指すならスマホで英語学習はやるべきでしょう。

【スマホ人生戦略ワード8】自分だけの価値をつくらなければ、「個」の時代は生き残れない

まさに今、個人で稼げる時代が来ています。

だから僕もブログ始めたったいうのもあるんですけどね!

ホリエモンは2010年の時点で同じようなことを言っていたのにびっくりしました。

iPhoneがもっと広い層に使われるようになると、仕事のあり方や会社のあり方も完全に変わってくるだろう。それに伴ったライフスタイルも変わり、社会変化も徐々に起こる。どのように変化かと言うと「個の時代」になるのだ。

これを2010年で言い切ったホリエモン怖いよ〜。

個の価値を売っていくにはSNSを使って、じゃんじゃん発信していくことが大事になってくる。アカウントを持っていない人はアカウント作って個を発信しよう‼️

【スマホ人生戦略ワード9】スマホで時間のコスパを上げれば人生は何回でも楽しめる!

今は若い人で何歳からスマホを持つのだろうか。

IT革命時代にインターネットを悪戦苦闘しながら学んだことを、今はテクノロジー技術で驚くほど時間を短縮して学べる。

とにかくスマホ使い倒せば、コスパ良く時間を使える時代にあることに気づいて欲しいです。

スマホがない時代は一つやることに時間を費やしていたが、今は同じ時間を使って2つ3つ、もしくはそれ以上を楽しむことが出来る!

スマホを使えば、時間の密度は確実に上がる。そのためには、便利なアプリで作業時間を短縮し、通信ツールで移動距離を短縮し、チャットで仲間を増やしていけばいい。

スマホの使い方で人生は変わる!

【スマホ人生戦略ワード10】発進と行動が、新しい知の「扉」を開ける

それはいつでも可能性が大いにあるでしょう!最初にも言ったけど、僕らにはスマホという「武器」がある。

それは、アウトプットを重ねることだ。

(中略)

情報を脳に貯め込んでいるばかりでは意味がない。

情報のアウトプット、つまり自分の意思の発信とセットにしていこう。

僕もブログとTwitterでアウトプットして扉を開けました!他にも情報発信の場はたくさんあります。

Instagram、Facebook、noteをなどを利用して個を発信しましょう!

動画編集ができるならばYouTubeだってあります❗️

インプットが十分にできてさえいれば、人に問いかけたい意見や言葉は、自分の中から自然に溢れ出すはずだ。

うん、僕にはまだインプットが足らないっていうのがこれを読んで分かった。

まとめ

スマホを持てば自分の世界は変えられます。まずはインプットで情報のシャワーを浴びましょう。

インプットの後は、SNSを使って自分の考えをアウトプットしていきましょう。

スマホを駆使して人生を豊かえるためには、古い常識を捨て、新しい扉をあけていくことです。

じゃあ、3ヶ月以内に新しいスマホ買いに行くぜ!