社畜のツイート

ポケベル知っている?90年代の必須アイテム!

令和3年、今では小学生でも携帯電話を持つ時代です。iPhone、Androidなどを当然のように手にしている現代人の彼らは80年代後半から90年代に全盛期で大ヒットした「ポケットベル」通称「ポケベル」なんて存在を知りもしないだろう。

写真などでみたことはあるかもしれないが、実際に使用したことはないだろうし、今はもう既に販売中止の為使用することは出来ないであろう。

当時の高校生や大学生、社会人で使用していた人は「ポケベル」という言葉を懐かしく感じるだろう。

ポケベルは青春時代の真っ只中だった私たちには必須アイテムだったってことよ。

ポケベルは一方通行の通信機器、メッセージは数字かカタカナ

ドコモ派かテレメ派で分かれていたのを思い出す。懐かしい。あなたはどちら派でしたか?

私が学生の頃のポケベルはメッセージを受信する機能のみで今のメールのように返信が出来なかった。あいにく人世代前のベルより進化はしていて、カタナカ表示ができるようになっていた。

どうよ、これ!やばいくらい懐かしい~

これをどれだけ早く打つか、となりで打ってるヤツより早く打つ。何気に競い合ったな~!

通信会社によってメッセージを送れる条件も違っていた。12文字?または14文字くらいまでしか送れなかったと思う。ほんの数文字の違いだが当時の私たちからすれば大きな違いだったことを覚えています。

番号は「ベル番」といって、携帯電話と一緒で1つのベルにに番号を1つ持っている。メッセージを送りたいときはその番号と通信してから、メッセージを送るというシステムだ。

ポケベルのために公衆電話が渋滞している

1回の通話料も10円。1日に何十回と友達や恋人にメッセージを送るから学生にとって10円は貴重なお金だった。なんとかして1回のメッセージで要件を伝えたいという気持ちは強かった。

なぜ1回のメッセージにそこまで拘っていたか?そりゃ、あの公衆電話にならんでいる渋滞をみれば誰だってそう思うよ!

昼休みは学校にある公衆電話に長蛇の列ができるほどだった。一人で何度も何度もメッセージを送るようなヤツがいたら何をされるか分からいからだ。みんな貴重な昼休みを長蛇に並ぶことで時間を奪われているんだから。

メル友じゃなくて、「ベルトモ」になろう!

これは一度は誰もがやったと思う。テキトーにベル番を打って「ベルトモニナロウ」ってメッセージを送る。そうすると、どこの誰だかしらない人から「イイヨ」って帰ってきたら友達みんなで盛り上がって、またメッセージを送ってみる。

うん、かなり青春(^^)/

どこに住んでるの?何歳?彼女いる?彼氏いる?

学生だよ、こういうの興味深々でしょww でも、結局こういうやり取りはだいたい2,3日で終わりだったねね。どこの誰かも分からない、顔も知らないような人と長く続くわけがない。

今でいうと「マッチングアプリ」の元祖って感じかもしれない。

出会い方が「ベルトモ」からかスタートして名前や年齢を徐々に知っていく趣味や学校の話題で盛り上がり仲良くなっていくのを時間をかけてするか

最初から顔も見えて趣味も分かったうえでお互いの合意の上で会っていく。

それだけの違いなんだけど、ベルトモは最初相手が見えない存在だからちょっと”わくわく感”はあったのかもしれないね。

まとめ

今はなき「ポケベル」は

間違いなく80年代後半~90年代にかけて学生だった僕らには必須アイテムだった!

どれだけの公衆電話の位置を覚えただろうwwどれだけテレフォンカードを使っただろうかwwどれだけ早打ちをしていただろうかww

懐かしさでいっぱいだよ~

今は携帯電話で通話も一瞬で出来るしLINEとかっていう便利なアプリも出現したしさ

僕はもう現代社会に必死にしがみついているよ!

若者よ!今の時代の便利さに感謝したほうがええよ~、世の中なんでも手に入る時代だからな~

そんな僕も今ではブログやって、Twitterやって一丁前に現代人を演じているわけです。

「ありがとう」・・・

えっ、急にどうした、誰に感謝?

「アムロちゃんありがとう」・・・えっ、どうしたどうした?

ここで懐かしいCMをみて当時を思い出しましょう!終わりましょう。

このCMを見てポケベルを買った人も多かったんじゃないでしょうか。

ちなみに私は、安室奈美恵さんの「SWEET 19BLUES」を聞いてポケベルにしました

部屋で電話を待つよりも

歩いてる時に誰か

ベルを鳴らして

SWEET19BLUES歌詞

当時は安室さんの大ファンだった私は歌詞の一部分に影響を受けてしまったのです・・・

(あ、それで「アムロさんありがとう」ってことね、急にどうしたかと思ったよ、怖ぇ~)

では、懐かしいだけのブログを見てくれてありがとう!(いや、ここまで見てくれる人いねーよww)

気を付け礼!!

RELATED POST